2つのグループホームが完成します。

まもなく篠山市に2つのグループホームが完成します

当社が設計し工事を進めていた紀洋会様の
篠山市小田中の「紀洋会 篠山東グループホーム」と
篠山市今田町今田新田の「紀洋会 今田グループホーム」が
同時に完成します。


こちらは「篠山東グループホーム」木造ですが外観は既存の
デイサービスにあわせています 内部は木の見える吹き抜け空間
がいい感じです。
 
 篠山東グループホーム4

 篠山東グループホーム2

 篠山東グループホーム1


こちらは「今田グループホーム」です既存の建物内を改造してグループホームを造りました
設計施工とも中井工務店です

 今田グループホーム1

明日(10月28日)掲載予定の神戸新聞広告です。

 グループホーム 広告



地区の皆様に愛される施設になるよう祈念いたします。


スポンサーサイト

本郷春日おどり奉納

10月17日(日)は草山春日神社の大祭でした。
天気は快晴、本郷住民の心も一つにまとまり
470年続く篠山市指定無形民俗文化財「本郷春日おどり」を
奉納することが出来ました。今年は28年ぶりの「忠臣蔵」です

本郷の小学生から若者そして壮年・老人の皆様に至るまで
老若男女を問わずご協力していただき出来上がりました。
長い歴史に一ページをくわえさせていただきました
皆様本当にありがとうございました。

 山車 本郷公民館前の本郷の山車
                   踊り子と一緒に神社へ向います

 春日踊り子6 踊り子の着付け
 
 若者着付け 若者の着付け

 春日踊り子7 出発前 関係者100名余りが会食 

 春日踊り子   出発前公民館で踊り子の笑顔

 郷遊会と 郷遊会のメンバー(音頭・太鼓・三味
                                   ・拍子木)と私

 春日踊り子4 春日神社でお祓い

 春日踊り子3 踊る前の少し不安そうな顔

 20101017 春日踊り 忠臣蔵 小 踊り本番

 春日踊り子2 綺麗に踊っています

 20101017 春日踊り 忠臣蔵 記念写真 小 記念写真 良く出来ました

 本郷自治会長の大役を支えてくれた
 家族のみんなも本当にありがとうございました。


宍粟市波賀町へ

10月8日は仕事の依頼があって宍粟市波賀町へ
行ってきました、住宅の大きな門の工事です。

道中 国道29号線 一宮町で道路端にこんなものが立っていました
ここでも秋祭りがおこなわれるようでその前準備の
ようです いろんな色の物があり町別に分かれているようですね。

 iwajinjya 3
 
 iwajinjya 2


ココが祭りの行われる神社のようです
伊和神社とあります
 ←文字をクリック

 iwajinjya 1


ところ変われば色変わるでしょうか。

すばらしきかな草山、すばらしきかな西紀北小学校

すばらしきかな草山、すばらしきかな西紀北小学校
今日(10月10日)は篠山市味祭りの一環で西紀北地区では
「楽市楽座」が催されました、私もスタッフの一員として
参加してきました。多くの都市住民の方に来て頂きにぎやかに
この西紀北地区のよさを味わっていただいたと思っています。

ここで私の目の鱗が落ちるほど衝撃を受けました、それは
ここ西紀北小学校の農産物販売のお礼に頂いたすばらしい
研究発表でした。リンクのPDFでご覧いただけますが、
西紀北小学校の4年生がまとめた地域研究「草山ふるさとクイズ 
~草山すてき発見~」を頂いたからです。

この5月自治会を通じて草山全住民にアンケートをとり草山の自然と
伝統文化についてクイズ形式にまとめられた、立派な報告です。

我々山奥の篠山市でもさらに奥のこの草山地区でこんな立派な
研究をしてくれいている子供がいる、又それを指導する先生が
いてくださるこんなうれしい事はありません。

我々ももっと頑張らねばと考えながら書いています。

草山すてき発見

すばらしきかな草山すばらしきかな西紀北小学校.pdf

これを読んでください↑、地元住民はほろっときます おりしも
篠山市立小中学校適正配置等審議会の答申が出たばかりで
西紀北小学校に特認校制度を検討するとの事です、北地区の
住民が結束して地域を守りましょう。


春日おどり子供の練習も始まりました。

本郷自治会では一昨日(10月4日)より子供の練習も始まりました
大人が四日間練習し準備をしていよいよ始まりました
子供たちは勉強が終わった後大変でしょうが、伝統芸能伝承のため
頑張って欲しいですね。
山車の練習も同時にスタートしています。

 稽古1

 稽古2

 稽古3

 おっちゃんも頑張るんで がんばってなー 

[広告] VPS


和やかに厳しく春日踊り練習

本郷自治会では今、10月17日の春日神社祭礼に向けて連日
「奉納 春日おどり」の練習が始まりました。

今年は若い人たちの要望により28年来踊られていなかった
「忠臣蔵」という題目の踊りに挑戦しています。

手踊りでむづかしい踊りです、ビデオも残っていないので
昔を思い出しだし「音頭」「おどり」「太鼓」「三味線」の
音あわせや振り付けを、教える側の大人が練習しています
(実際祭礼当日に踊りを奉納するのは小学校3年~5年生です)

70・80歳を過ぎた大先輩、40・50・60代の壮年そして20代
30代の青年が和やかにかつ厳しく稽古をはじめました
昨日(10月2日)は指導者である大人たちの稽古も終わりました
何とか形ができ、4日から始まる子供の練習(稽古)に準備は完了しました。

来週から2週間小学生の子供達が公民館に集まり連日の稽古が始まります
運動会が終わったばっかりで大変でしょうが、本郷の470年続く
伝統芸能を伝えてほしいと思っています。

 kasugaodori rensyuu2

 kasugaodori rensyuu4

 kasugaodori rensyuu1


山車(だし)の乗り子も同時に稽古を始めます
ばんばってなー。

プロフィール

一休さん

Author:一休さん
「じいじブログ」へようこそ
連絡先 090-1029-0785

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索