第8回兵庫県ヘリテージマネージャー大会

9月25日(土曜日)は篠山市で
「第8回兵庫県ヘリテージマネージャー大会」が開催されました

今年は篠山市及び丹波市で構成する丹波支部がホストで
篠山城跡付近を会場に開催されました

朝早くより県下各地から篠山へと来て頂きました
まづ大書院でオリエンテーションがありそのあと「まち歩き」

 P1010517.jpg

そして篠山小学校をお借りしてシンポジウム開催
基調講演後、喜多氏を含め篠山在住の造形作家水上氏、丸山・
ひわの蔵オーナーシェフ高柳氏をパネラーとして、
ヘリテージマネージャー澤氏のコーディネートで始まりました。
よそ者としての見方、なぜ篠山に拘りを持たれているのか、
篠山でなければならなかったのか。
それぞれの立場でお話を頂きました。

 P1010532.jpg

 P1010538.jpg

終了後、情報交換会にも多くの方が参加され、
お酒を飲み交わし大いに盛り上がりました。

私は裏方で看板製作等で協力させていただきました。
写真・記事等「さかい建築事務所ブログ」を拝借しました。

スポンサーサイト

ヘリテージマネージャー講習を終了しました。

昨日(10月31日)神戸に行ってきました。
ヘリテージマネージャー講習を受けてきました、昨年に卒業するはずでしたが、
14日間の講習の内どうしても1日だけ出席ができず卒業ができてませんでした、
その補講を昨日終了し、めでたく?ヘリテージマネージャーになりました。

過去の授業の様子です。
 ヘリテージ2 ヘリテージ

ところでヘリテージマネージャーとは何でしょうか?
 (兵庫県文化財室より)
時代は今や、スクラップ アンド ビルドからストック活用へと移行しつつあり、循環型社会においては、既存の価値ある建造物(地域に親しまれた歴史的文化遺産)を活用し、まちづくりに活かしていくことが求められています。 このような地域に眠る歴史的文化遺産を発見し、保存し、活用し、まちづくりに活かす能力を持った人材を「ヘリテージマネージャー(歴史文化遺産活用推進委員)」と呼びます。
 この度、震災を経験した兵庫県では、このような人材の養成を目的として、平成平成13年度より、全国に先駆けて、「ヘリテージマネージャー養成講習会」を開講しています。


 bunkazai.jpg文化庁パンフレットノページ

登録有形文化財は指定文化財より、ゆるやかに保護することになっています
そんな建物を登録するときにお手伝いをする資格がヘリテージマネージャーです。
今後大事な過去の財産を守るため活躍したいと思っています。
特に私は大工ですので木造の構造的なことや意匠について意見をしたいと思っています。
そして文化財に指定されるような建築をしたいですね。

 詳しいことは 文化庁のホームページ
http://www.bunka.go.jp/bunkazai/pamphlet/pdf/pamphlet_ja_06.pdf      及び 「和の住まい設計」さんのホームページ
    http://www.kazabito.com/blog/sb.cgi?cid=72
 に書いてあります。興味のある方はご覧ください。   

 おじいさんも勉強してますよ。

終わりましたが・・・

1昨日(1月24日)長かったヘリテージ研修が終わりました。
30名の受講生が昨年7月14日から延べ14日間の講習が
終了し終了式がありました。
ただし、私は1回休みましたので、今年その欠席分のみ
受講しなければばなりません、それが終われば卒業です。
終了証を受ける同級生(30名内当日卒業は20名)です。
   ヘリテージ研修2
今後の活動と祝辞をしてくださった澤田伸様
(ひょうごヘリテージ機構代表世話人)です。
   ヘリテージ研修1
皆さんご苦労様でした、今後の活動に生かしましょう!!


プロフィール

一休さん

Author:一休さん
「じいじブログ」へようこそ
連絡先 090-1029-0785

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索